純さんの金蹴り体験談




管理人さん、こんにちはっ!純です。
今日は俺の中学3年生の体験談を聞いてください!

当時は「ビーバップハイスクール」が全盛で、不良に憧れる多感な?時期でした。
俺も流行に乗った訳じゃないけど、タバコ吸ったりバイク乗り回したりしてました。
学校には真面目に行ってましたが、家にはほとんど帰らない時期もありその度に友達の家に
泊まったりしてたんですよね。で、暴走族みたいなグループにも入ってました。
もちろん友達に真面目な奴なんていません。男も女もみんな髪染めて今考えると恥ずかしい
ですが、ヤンキーだったんですよねっ。で、まぁしばらくそうやって遊んでるうちにウチの
グループの女の子が、隣町のレディースの暴走族に襲われたんですよ、ボコボコにされて。
原因はよくわからなかったのですが、レディースだけでやってる連中は男とつるんでる女が
嫌だったみたいです。それで仕返しを女の子たちに頼まれたのです。

最初は「女に手を上げる」ことは俺にとってタブーだったので断ったのですが、
周りの友達にやられた女の子の彼氏とかいるわけで、「○〇をよくもやりやがったな!」
見たいな感じで結局、協力することになったんです。あまり気が進まなかったのですが、
隣町のレディースのたむろする空き地までバイクで夜中2時頃でかけたんです。

そしたら紫のバイクやら旗やらあることあること!初めて見るレディースの溜まり場に
少し興奮しながら、乗り込んだんです。バイクの数は5〜6台だったと思います。
俺たちも同じくらいの数だったんで、話し合いでなんとかなるんだったらいいなぁと
思ってたんですが、そうはいきませんでした。
俺たちがバイクから降りるのも待てずにレディースたちは俺たちの回りを囲んでました。
「なんなんだよお前らは!」とか罵声を浴びせながら。よく聞こえなかったんですけど、
とにかく、すごい迫力でした。俺たちの女の子たちは一度やられてるので、ビクビクしてて
それがまた俺の恐怖心をあおってました。取りあえずバイクから降りて事情を説明すると、
大笑いして「仕返しにきた!ってやつ?笑っちゃうね〜」と言う感じで言ってきたので
俺の友達が「謝れよ、やられたくないならな」と言ったのです。
しかし、彼女たちは謝るどころか更に大笑いしてました。数にすると8人くらいいました。
「悪いけど、そんな暇ないから」と言って振り向き歩いていったのです。
俺は正直、帰りたかったんでそのまま帰ろうかとしたんですが、友達がそのレディースたちの
肩をつかみ「お前らいい加減にしろ!」と言って殴ったんですよね、「おいおい!」とは
思いつつも俺も参加しないわけにいかないので、その乱闘の中に入ったんです。
俺はとにかく必死にやられてるうちのグループの女の子を助けにはりました。女の子を
レディースたちも必死に髪の毛を引っ張ったり、激しく洋服を引っ張ったりしてたんです。
女の子を逃がし、レディースの奴らが二人がかりで俺に襲ってきました。
パンチの威力ははっきりいって全然効きませんでした。何回か顔にフックしましたが、男と
喧嘩した時のほうが遥かに痛いし、やっぱり女の子かな…と思っていたときです。

ボコッ!

前にいる女の子に夢中になってた俺は、俺の背後に回ってるもう一人の女に気付きませんでした。
背後に回ってる女が俺の股間を蹴り上げたのです。一瞬、何がなんだかわかりませんでしたが
俺が激痛で悶絶するにはそう時間がかかりませんでした。
股間を抑えて前かがみに悶絶してる俺に女どもは容赦なく蹴ったり踏んだりしました。
前から蹴られるよりも後ろから蹴られるのはタマにジャストフィットします。
でも、俺も男のプライドなんでしょうか、意地で立ち上がり「お前ら許さんぜ」と言いながら
結構な迫力で対抗したんです、彼女たちも俺の迫力に怖気ついてました。
今思うとヒドイ!と思うのですが、「とび蹴り」で彼女たちにKOしました。
レディースとの戦いは、俺たちが勝ったのですが、後から聞くと俺以外の男友達もタマ蹴られた
と話してました。タマ蹴られすぎてまだ痛いと帰り道泣きべそかいてる友達もいて、仲間の家に
戻り、みんなで金玉チェックしてました(笑)
女って怖い!

これは俺の経験の中でもナンバー1かなぁ?本当に蹴られたときは死ぬかと思ったんですが
興奮しすぎると金玉の痛みも忘れるって陣内さんのコメントじゃないけど、其の通りなんです。
また、キチキチのGパンはいてたし、金玉の逃げ場がなかったから尚更、痛かったっす。